不眠症=睡眠薬ではない

昔は不眠症ということで病院に行くとすぐに睡眠薬を処方されるということが
ほとんどだったそうなのですが最近では睡眠の際に必要なメラトニンが不足
していることが生活習慣などから予測できる場合にはすぐに睡眠薬ではなく
メラトニン不足を改善するような指導を受けることがあるみたいですね。
このメラトニンというのは生体リズムの一種で普通の考えでいうところの
朝起きて夜眠くなるという感じで夜に脳で分泌される物質なのですが
例えば運動不足などによってこのメラトニンが不足しているということも
あるのでウォーキングなどを勧められる場合もあるようです。単純にいうと
体を疲れさせなさいということですね。生活習慣は睡眠に大きく関係することは
昔から言われているのでもしかしたら不眠かもというような時には生活習慣の
改善から手を付けてみるのもいいかもしれませんね。ちなみに寝る時に
ベッドに入りながらスマホやタブレットを操作している人も多いかも
しれませんがこういった機器のバックライトにはメラトニンを抑制する効果が
あるそうなので寝る前の操作や動画鑑賞は控えたほうがいいかもしれませんね。