もう少し、髪を伸ばそう

「髪は女の命」と言いますが、長年ショートカットだった私には無縁のものと思っていました。
しかしちょっとしたことがきっかけで髪を伸ばし始め、1年有余。
もう伸ばす必要はなくなったのに、今では髪を切るのが惜しくなっています。
ショートから髪を伸ばす、というのは大変なことです。
特に髪が肩に付くか付かないかくらいのときが一番厄介。
首に髪がチクチクと触れてかゆいし(特に敏感肌の私は吹き出物ができたりもしました…)、結ぶにはまだ少し長さが足りないから夏は蒸し暑いし。
伸ばす必要がなくなったら、すぐ切るんだ!と決めていたのに、いざその段になると、ここまで大変な思いをして伸ばしたのに勿体ないかな…と思ってしまうのです。
それに、やっとアップスタイルを楽しめる長さになって、少しずつヘアアレンジも楽しくなってきたところ。
アップスタイルは女性らしさも出て、ショートとはまた違う楽しさがあります。
髪が長いと日々のお手入れはそれなりに必要だし、億劫に感じることもしばしばあります。
でも、もう少し、伸ばしてみようと思っています。
ショートにするのは、もう少し、長い髪の自分を楽しんでからでも遅くはないかな、と。